グーグルとヤフーで検索回数が多く、検索結果の少ないキーワードを紹介。ニッチなマーケットで話題となっている商品や、最先端の流行が見えてきます。
サーチ
ホームページの売上アップを支援する「Web Analyst(ウェブアナリスト)」
ホームページの売上アップを支援する「Web Analyst(ウェブアナリスト)」
>> ダブルプラスで相互リンクを募集中 << 人気ブログランキング
ホーム > スポンサー広告 > 人事院の俸給表(2006)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホーム > 就職・バイト > 人事院の俸給表(2006)
■本日のホットキーワード

人事院の俸給表(2006)

キーワード月間検索回数Google
検索結果
Google
KEI
Yahoo
検索結果
Yahoo
KEI
人事院 俸給 表 20062324 回864 件6251.1571 件9458.8


■キーワードの説明

あの人の年収がズバリ!わかる本
公務員の給与は、人事院の俸給表で定められています。

俸給表には、行政職俸給表、専門行政職俸給表、税務職俸給表、公安職俸給表、研究職俸給表、医療職俸給表、教育職俸給表、指定職俸給表などがあって、高卒か大卒か、医師か看護師かなど、学歴・職種別に細かく給与が定められています。

基本的に、年功序列で、長く勤務すればするほど、もらえる給与は増えていくという仕組みになっています。

民間企業の平均で俸給表を作成していると言われますが、中小企業は考慮されておらず、全民間企業との給与と比較すると、公務員の給与は高いと言われています。

ただ、景気がよくなっても、民間企業のように賞与アップなどの、柔軟な対応はありません。

2006年4月1日より実施されている俸給表が、平成17年度の人事院勧告に掲載されています。

前回の俸給表から、また下がっています・・・

こちら>>人事院勧告(公務員の給与)

★給与関連MyBlog記事


■キーワードに関連する情報

給与明細
TBS系列のテレビで、「給与明細」という、いろいろな職業の給与を紹介する番組がありましたが、公務員の場合は俸給表で給与が筒抜けです。

「民間企業でも、無料で、他人の給与がわかるサイトがないのかなぁ~?」と思って調べてみたら・・・ありました。

こちら>>【年齢別】サラリーマンの平均年収

給与の高さだけで、仕事を選ぶわけじゃないですが、あまりに低すぎると、生活水準を落とさないといけませんからね。

自分のキャリアに応じて、適正給与を教えてくれるサイトもあるので転職前には要チェックです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
教育職教育職(きょういくしょく)とは、教育をつかさどる、または、教育に従事する職のことである。地方公務員としての教育職には、教育公務員という職員区分がある。教育公務員のうち県費負担教職員は、都道府県職員ではあるが、任命権者は都道府県ではなく、都道府県の教
2007/07/26(木) 14:21:30 | 教育問題.com
サイト内検索
Google
 
Web keyplus.blog14.fc2.com

検索エンジン登録代行/上位表示でアクセスアップ! アクセスアップは相互リンクで ホームページSEO対策相互リンク su-jine read me アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録 ランキングナビ

フッター

Copyright (C) 2005- SEOで上位表示キーワードアドバイスツールダブルプラス All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。